Carry on

どうしてもこのタイミングで出したかった作品。

「Carry on」は、1992年リリース「TEARS AND REASONS」に収録……

大相撲

2年ぶりの名古屋場所である。

テレビで中継をやっていれば見るし、それぞれの力士の勝敗くらいは気になる程度で、熱烈な相撲ファンというわけではない。どち……

春雨

いくら食いしん坊な私でも、今回はデンプンが原料の話ではない。たまには風情ある話くらいはしたい。

廻り花

中学生のころからお稽古に通い続けた男の子が(子という歳でもないが)、今春からフラワーデザイナーを目指し生花店に就職が決まった。

ボス

一人っ子の独身となると、私には実子はおろか甥や姪もいない。隠し子だっていない(そりゃそうだ)

正月準備

毎年のことながら、12月の後半は気忙しいまま、気がつくと大晦日になっていたりする。

<……

深海の街

4年ぶりのニューアルバムは絶望的な状況の中に射す、一筋の光のようだった。

オトナの遊び

「オトナの遊び」と書くと、若干の猥雑さを感じるが、そんな話を真面目な華道家ブログでは書けない。

旅欲求

仕事で月に何度か出張のある…というか、あったのが、昨今のコロナ禍で遠方出張がことごとく無くなってしまった。

<……

師弟

師弟関係は「親子」だと言われることがある。「親先生」なんて言葉があるくらいで。